2022かごしまの新特産品コンクール奨励賞

公益社団法人 鹿児島県特産品協会が主催する 2022かごしまの新特産品コンクール にて

『taneco 種子島生まれの安納やきいも』が奨励賞を受賞しました!

安納芋おこし【taneco × OKOSHIYA】新発売!


創業60年の和菓子屋が手掛ける「OKOSHIYA TOKYO」様とのコラボレーション商品。
味や品質は同じでも焼きいもや生芋としては販売できない規格外の安納芋を、美味しいおこしに仕上げました。

tanecoではやきいもや生芋とのお得なセット商品も販売。

ぜひご賞味ください!

【今年もおいしく焼けました!】


昨シーズンご好評につき完売となった『taneco 種子島生まれの安納やきいも』

今シーズンの販売を開始いたしました!

また、新商品『taneco 熟成 種子島安納いも』も発売!

収穫後に1か月半寝かせることで甘みを増した生芋を種子島より産地直送いたします。

いいもの、いいこと、種子島から。

古くは鉄砲伝来の地として、 いまはロケットの打ち上げでも知られる種子島ですが、 もっともっと知ってほしい魅力がたくさんあります。 種子島のいいもの、いいことを、島の人たちとともに、 多くの人に届けたい。そんな思いから生まれたのが「taneco」。 第一弾として、種子島で丁寧につくられた安納芋を おいしい焼きいもにしてお届けします。

いちばんの安納芋を

いまでは全国各地でつくられ、知られるようになった安納芋ですが、私たちがこだわるのは、種子島産。温暖な気 候やミネラル分豊富な土壌で育った芋には甘みと旨みがギュッとつまっています。これぞ安納芋という本場のおいしさをぜひ味わってください。

小さな畑の細やかなこだわり

tanecoの安納芋をつくっているのは、厳選した契約農家。畑は種子島のなかでも小さいほうですが、そのぶん、一つひとつの芋をていねいに育てています。とくにこだわっているのは、丸みのあるカタチ。コロンとかわいく、 最後のひと口までおいしい安納芋をつくっています。

熟成させてとろける甘さに

収穫してから熟成させることで甘みが増すのも安納芋の特長。いろいろ試行錯誤を重ねた結果、 約16°Cで1か月半のあいだ寝かせることで、いちばん甘くておいしい状態に。そこからじっくり焼き上げることで、とろけるような甘さの焼きいもができ上がります。

あっためても、冷たいままでも

安納やきいものおいしさを誰でも手軽に味わっていただけるように冷凍してお届けします。袋を少し開け、そのままレンジで温めるのがおすすめの食べかたです。クリーミーでなめらかな食感。ひとくち食べれば、口のなかに甘みがとろ〜り広がるしあわせ。やきいもにバターを溶かしたり、半解凍でアイスのように楽しんだり。地元の人は漬物といっしょに食べたりもするのだとか。ぜひ、いろいろ試してみてください。

種子島生まれの安納やきいも